jitaku_gaikan

soho

敷地は京都市内に良く見られる典型的な鰻の寝床と呼ばれる細長狭小敷地。
その中で、人と人との関わりがほどよくバランスする空間構成を模索した。

断面構成では、玄関側と奥でフロアレベルを半層ずらすことで、外部の雰囲気を感じながら、プライベート空間であるダイニングの落ち着きが保たれるデザインとした。また、オフィスを地下に配置することで居住部分との動線を玄関で分離している。
和室1(リビング)をエントランス上部の2階に設けることで、南向きに大きく間口を取った明るい部屋とすることができた。この和室とダイニング、キッチンを階段をはさんで一体化し、単体では狭い空間を広く感じさせている。
また和室と洋室であるダイニングが階段2段分の高低差でつなげることで、和室に座る人と洋室に立つ人の目線を近づけ会話しやすくする効果もねらっている。

外観上では、最上階をセットバックさせることで、圧迫感の少ない立面とプロポーションを得ている。

京都市左京区
敷地面積:91.27㎡
建設面積:51.20㎡
延床面積:129.04㎡
構造:木造・鉄筋コンクリート造 地上2階地下1階
施工:株式会社 亀匠
2007年4月竣工

リンク

  • Shimoken Blog シモガモ建築事務所が、ご近所の世界文化遺産のご威光をお借りして世界にお届けする、ブログ。

お問い合わせ

TEL:075-200-2445
FAX:075-204-5174
Mail: office@shimogamo.net
または 当サイトのお問合せページより、
お気軽にお問い合わせ下さい。